芯材入り間仕切りカーテン(シートシャッター)|

自動車販売店様

芯材が強度とスムーズな開閉の両立に役立ちます!

芯材入り間仕切りカーテン(シートシャッター)を自動車販売店に施工させていただきました。

「アンカー」により、揺れ防止に効果があります

芯材入りの間仕切りカーテン(シートシャッター)は、一定間隔で芯が組み込まれることで、強度が高まります。また、芯材があることで、ジャバラ式に畳めるので、開閉する際はコンパクトに収納できます!

また、こちらの「間仕切りカーテン」には、芯材1本1本に落としピンをつけてあるので、あらかじめ地面に開けた穴に差し込むことができ、風によるバタつきを抑えます。

芯材入り間仕切りカーテン(シートシャッター)のポイント

  • 新たに壁を作らずに、スピーディー&ローコストで取り付けられます
  • 一定間隔で芯を組み込みこむことで強度を高めます
  • 芯材があることで、ジャバラ式に畳めるので、開閉する際はコンパクトに収納できます
  • 下部へのレールやアンカーを設置することで、風によるばたつきを抑えます
  • 内外を分離することにより、作業空間を分けたり、ホコリやチリなどの侵入を防げます
  • 色付きや、不透明なテント生地を利用することにより、目隠し効果も期待できます
  • 防炎、耐熱、防虫など、様々な特性を持つ「ビニールシート」により各種機能を付けられます